【夜食】太る原因はタンパク質?太らないためのオススメ情報!

pic_top

残業終わりに夜食のラーメンを一杯・・・
深夜の作業で小腹が空いたからチョコレートを少し・・・
これ、やっぱり太る大きな原因になります。

matome-

 

夜食太りの大きなポイントは・・・

夜食はやめたくてもなかなかやめられないもの。

 

食べると太ってしまうというのはわかっているのに、
ついつい食べてしまいがち。

20080429025213

 

ですが、そもそも論としてなぜ夜食が太る原因になるのでしょうか?

 

 

これには時計遺伝子という遺伝子タンパク質が関係してきます。

 

全身の細胞の内部にはこの時計遺伝子が存在しているのですが、
これはタンパク質を作り出す役割を担っていて、
そのタンパク質が飽和状態になると、
今度は別のタンパク質がその活性を抑えるという仕組みになっています。

 

 

イタチごっこのような形でタンパク質の増減が繰り返されているのですが、
この増減を繰り返す1つのサイクルはおよそ24時間間隔。

pic_top

このように、人間の体というのは時計遺伝子のサイクルによって、
1日の時間調整を行なっているわけです。

 

 

時計遺伝子が作り出すタンパク質

ここからが本題になるのですが、
時計遺伝子が作り出すタンパク質の1つにビーマル1というものがあります。

 

このビーマル1には1日のリズムを刻むという役割だけではなく、
体内の脂肪合成酵素を活性化して、
体脂肪を増やすというよろしくない働きをこなしています。

 

ビーマル1の量が減る時間帯というのが14時〜16時、
反対に量がピークに達するのが22時〜翌2時。

bmal-1

 

つまり、食事をする時間帯によって、
合成される脂肪の量が大きく異なってくるということになります。

 

例えば、ドーナツ1つを取ったとしたら、
15時よりも深夜の方がずっと太りやすいということになります。

 

 

夜食をしたくなる原因

夜中についつい食事をしてしまうということは、
1日24時間のサイクルに体内の時計遺伝子が同調していないということ。

 

本来人間の体は日の出と共に活動を始めて、
日が暮れれば自然に休息するという生き物。

img_49082_7473391_3

このサイクルに準じていれば健康も損なわず、
至って自然な生活を送れるようになります。

 

それならば、体内時計をしっかりリセットすればいいだけなので、
このために行うことは至って簡単です。

 

まず、今日寝る時間が何時であっても、
明日はいつもより30分早く起床しましょう。

 

そして、起きたらカーテンを開けるなどして朝日をしっかり浴びます。

 

この時、目から入った太陽の光の情報が、
脳にある体内時計の中枢視交叉上核という部位に伝わります。

 

これでまず、脳が1日24時間のサイクルに同調します。

 

 

脳が目覚めたとしても、
体が寝た状態ではリセットは出来ていません。

 

そこで、ヨーグルトやバナナ、スムージーなど、
簡単に食べることの出来る朝食を摂取しましょう。

_1_reference

朝食を摂取することで内蔵にある時計遺伝子が、
脳の体内時計に歩調を合わせます。

 

朝食を抜くことは数多くのデメリットがあるので、
必ず食べるようにしましょう。

 

このような取り組みを実践すれば、
1週間以内に体内時計をリセットすることが出来ます。

 

そうすることで夜食ともオサラバ出来るので、
早速実践していきましょう!

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>