糖質制限ダイエット方法 夕食で気をつけるポイント!

img064

カロリーを制限するとなかなか外食に行けないイメージがありますが、
糖質制限ダイエットの場合は外食もOKです。
ですが、その時にちょっと意識して欲しいことがあります。

matome-

 

ポイントはやっぱり「糖質」

例えばサラリーマンの場合を考えてみると、
意中の女性と食事に行くとなると、
イタリアンやフレンチに行くケースも出てくるかもしれません。

 

その代表格とも言えるメニューはパスタやピザなど。

 

ですが、糖質ダイエットの時はこれらのメニューはNG

 

それじゃあせっかくのディナーを楽しむことが出来ない、
と不安に思うことはありません。

 

前菜とメインディッシュを少しリッチなものにするだけで、
このような心配も杞憂に終わることでしょう。

 

前菜は野菜がたっぷり使われているサラダや、
肉や魚のカルパッチョ、トマトとチーズのカプレーゼなどがオススメ。

0000000011a

 

 

また、メインディッシュでは、
肉類や魚介類のグリルやトマト煮込みなど、
これらのメニューで糖質制限のルールをクリア出来ます。

 

 

また、フランス料理は高カロリーでダイエットには不向きに思えますが、
パンやデザート以外は糖質が少ないんですね。

 

フランス料理で注意すべき点は、
パイ料理やグラタンやシチュー。

 

これらは小麦粉が大量に使用されているので、
糖質を大量に摂取してしまうことになります。

 

この点に注意さえすれば、
オシャレなフランス料理も楽しむことが出来ます。

1

 

脂質の量も増えてしまうけど・・・

糖質を制限すると、
それに伴い摂取量が増えるタンパク質と脂質。

 

特に、脂質の摂り過ぎは健康を害してしまうイメージが強いですが、
これには科学的根拠というものがないそうなんです。

 

それってどういうことなの?というと・・・

 

脂質の質は全体の90%を占める脂肪酸で決まります。

 

摂取したい脂肪酸の種類は、

α-リノレン酸
EPE(エイコサペンタエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)
オレイン酸

上記4つとされています。

jho_img_eiyou

 

 

α-リノレン酸は体内で合成出来ない必須脂肪酸

 

脂質は体内で細胞膜やホルモンの原料となるため、
必須脂肪酸が足りないとマイナス要素になります。

 

α-リノレン酸はシソ油やえごま油といった植物油に含まれます。

 

EPAやDHAはイワシやサバといった青魚に多く含まれています。

体内でα-リノレン酸から合成されますが、
必要量が満たすのが難しいので、
青魚を積極的に摂取しましょう。

 

 

オレイン酸は酸化に強く生活習慣病の予防に効果的です。

これはオリーブ油の主成分として使われています。

 

 

これら4つの脂肪酸とは異なり、
減らすべき脂肪酸というものもあります。

 

それは、リノール酸とトランス脂肪酸。

 

リノール酸は必須アミノ酸でもあるのですが、
日本人は必要量の10〜20倍も摂取しています。

01300000165495121515562422246_950

 

リノール酸の過剰摂取は体内で炎症を起こす要因にもなり、
アレルギー性疾患の原因にもなります。

 

リノール酸が含まれている脂質でも、
サラダ油や大豆油、コーン油などはセーフです。

 

また、トランス脂肪酸はマーガリンに含まれている人工的な油です。

 

リノール酸同様炎症を起こしやすいので注意が必要です。

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>