糖質制限ダイエット方法実践編!減量に成功する7つのコツ!

7

今回の記事では糖質制限ダイエットの実践編ということで、
糖質制限のポイントやコツなどを紹介していきます。
それでは、早速本題へと入っていきます。

matome-

 

まずは糖質制限ダイエットに慣れることから

糖質制限ダイエットにはスーパー・スタンダード・プチの3種類がありますが、
まずは夕食だけ糖質制限を行う「プチ」から取り組んでいきましょう。

 

もちろん、スーパー糖質制限が一番得られる効果が高いのですが、
最初から取り組むとなるとややハードルが高めです。

 

それまで毎食のように摂取していた炭水化物を一気に制限するわけですから、
精神的にも疲労がたまってしまう恐れがありますし、
早々にして挫折してしまう危険性もあります。

 

ですので、当サイトではまず、
夕食のみ糖質制限を行うプチ糖質制限から始めることを推奨しています。

 

また、サラリーマンという職業柄避けて通れないのが、
終業後の飲み会の場。

 

ですが、ある意識をするだけで、
糖質制限を行いながらもお酒を飲むことは出来るので、
特に不安視する必要はありません。

 

1:糖質制限ダイエット方法 夕食で気をつけるポイント!

2:糖質制限ダイエット方法 夕食でお酒もOK!注意のポイントは?

 

糖質制限に慣れてきたら意識すること

また、糖質制限ダイエットを行うということは、
主食をある程度工夫する必要がありますし、
それに伴い野菜や果物の摂取量も徐々に増えてきます。

 

野菜も果物も健康面を考慮すれば摂取することは非常にいいことなのですが、
中には糖質を多く含む野菜や果物もあるので要注意です。

 

ということで、正しい主食や野菜・果物の選び方であったり、
小腹を満たすための間食についても記事でまとめています。

 

3:糖質制限ダイエット方法 正しい主食を選ぶポイント!

4:糖質制限ダイエット方法 野菜や果物も注意食材!注意点は?

5:糖質制限ダイエット方法 間食でお菓子を食べるのはダメ?

 

 

運動も取り入れるとより効果的

糖質制限ダイエットに慣れてくると精神的にもある程度余裕が出てきますし、
体重が落ちてくると快適な日常生活を送れるようになります。

 

そうすると「運動や筋トレに取り組もう」という意識が、
少なからず芽生えてくることでしょう。

 

せっかくダイエットで効果が現れてきているのですから、
もう少し頑張れば理想的な細マッチョ体型を目指すことが出来ます。

 

そこで、徐々に運動(有酸素運動)や筋トレにも取り組んでいきましょう。

 

ここでポイントになってくるのは、
まず1ヶ月間は有酸素運動を行わず筋トレをメインに行うということ。

 

以下で紹介させていただく筋トレ関連の記事でも紹介してあるのですが、
体が「ケトジェニック」という状態になってからなんです。

 

6:糖質制限ダイエット方法 成功するためには運動も行おう!

7:糖質制限ダイエット方法 筋トレと有酸素運動の効果的なメニュー!

 

 

糖質制限ダイエットに慣れてきたら、
いよいよ次の段階である週3回プログラムへ取り組んでいきます。

 

この週3回プログラムとは、
1週間に3回「あるメニュー」を取り入れることで、
効率的にダイエットを行なっていくという方法です。

 

細マッチョ体型を目指すためには欠かせないポイントなので、
こちらの記事から詳細を確認していきましょう。

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>