糖質制限ダイエット方法 低血糖や心筋梗塞に陥る危険性は?

2012828tositudietjpeg24k

脳の活動のために糖分は必要不可欠ですが、
糖質制限ダイエットは意図的に糖分をカットしますよね。
そうすると、少し不安な点が出てくるかと思います。

matome-

 

低血糖になったりしないのか?

糖質を摂取しないと低血糖になるし、
ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源だから、
糖質を摂取しないと脳が働かない。

none

糖質制限ダイエットを行なっていく上で、
心配される危険性・不安点の1つです。

 

ですが、これは体の仕組みに関する誤解から生じたものです。

 

ブドウ糖は体に必要不可欠だからこそ、
血糖値を一定範囲内に保つ仕組みがあります。

 

糖質を摂取して血糖値が上昇すると、
インスリンが分泌されて血糖値を下げますし、

ブドウ糖を消費して血糖値が下がると、
グルカゴンなどのホルモンが分泌されて血糖値が上がります。

 

ちなみに、このグルカゴンは肝臓に蓄えられた糖質を、
ブドウ糖に分解して血糖値を上げる一方、

肝臓ではアミノ酸や中性脂肪に由来するグリセロールを原料に、
ブドウ糖を作る糖新生が行われます。

o0450037311698673256

 

つまり、仮に3食ともに糖質を制限したとしても、
体内ではブドウ糖が作られる機能が働いているため、
血糖値は正常範囲内に収められるようになっています。

 

なので、糖質制限ダイエットを実践しているからといって、
低血糖にはならないということです。

 

というわけで、糖質を摂取しなくても脳はしっかり働きますが、
筋肉などの細胞はブドウ糖以外にも、
肝臓で中性脂肪を分解した脂肪酸から作られる、
ケトン体も使用されます。

 

脳に血液を送る血管には、
血液脳関門という関所のような場所があり、
有害物などの侵入を許さない仕組みになっています。

h15-1

 

 

多くの細胞はブドウ糖と分解した脂肪酸をエネルギーにしますが、
脂肪酸は分子量が大きすぎてこの血液脳関門を通過出来ません。

 

それに対しケトン体というのは分子量が小さく、
血液脳関門を通過して脳のエネルギー源となります。

 

最初にも記載したように、
脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖を思われていましたが、
実はこのケトン体もエネルギー源になるということですね。

 

また、先日女優の天海祐希さんが心筋梗塞で入院されましたが、
これには糖質制限が原因なのでは?という見解がされています。

 

糖質を制限してその分タンパク質や脂質の摂取量が増えるため、
それが原因だと考えられているようですが・・・

 

正しい食生活を心がければ、
そのリスクは極限まで低められると思われます。

 

何事も正しい方法で実践するのが一番ですね。

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>