長生き食材ランキング2013!世界一受けたい授業 6月8日

01

6月8日(土)に放送された世界一受けたい授業で特集されていた、
長生きするために効果的な食材ランキング2013
健康的に生きるためにもぜひとも摂取したい食材ばかりでした^^

matome-

 

テーマ別【長生き食材ランキング】

6月8日に放送された世界一受けたい授業では、
いくつかのテーマ・分野にわけて食材ランキングが発表されていました。

 

ですので、当サイトでもそのランキングを参考にさせていただきます。

 

体に良い!ヘルシー油ランキング

脂質は人間の体を構成する上で欠かせない栄養素の1つですが、
摂取のしすぎは肥満の原因になりかねません。

 

そこで、世界一受けたい授業では、
ヘルシーな油ランキングと題して体に良い油を紹介していました。

 

1位:エゴマ油
2位:菜種油
3位:大豆油

 

体に良いヘルシー油ランキングの基準は、
含まれているα-リノレン酸の割合になっています。

 

2位の菜種油は7.7%、3位の大豆油は6.4%の含有量に対し、
1位のエゴマ油は61.5%とダントツの含有量を誇っています。

 

α-リノレン酸は体内で生成出来ない必須脂肪酸の1つなので、
積極的に摂取したい成分なんです。

 

エゴマ油だけでなく青魚からも摂取することが出来ますよ^^

 

 

便秘解消!お通じに効果的な食材ランキング

腸内環境を整えるためにはお通じは必須。

 

便秘などでお通じが滞ってしまうと、
腸内環境を乱してしまい自律神経のバランスも崩れてしまいます。

 

そのためにお通じを効率的に行えるようにしたいのですが、
そこで効果を発揮する栄養素が食物繊維になります。

 

で、食物繊維をたっぷり含んでいる食材は・・・

 

1:ゴボウ(6.1g)
2:アボカド(5.3g)
3:ブロッコリー(3.7g)

 

食物繊維をたっぷり含んでいる食材といえばゴボウですが、
意外にもアボカドも効果的な食材なんです。

 

食物繊維には2つの働きがあるのですが、
1つはお通じをよくするというもの、
もう1つは腸内の善玉菌のエサになるというもの。

 

ちなみに、食物繊維を摂取する際には、
炭酸水を一緒に飲むと効果が倍増するとのこと。

 

炭酸が胃を膨らませることで、
それにより腸が活性化して便秘解消にも繋がります。

 

その他、オススメ食材

世界一受けたい授業で紹介されていたその他オススメ食材として、
まずはサラリーマン男性には欠かせない食材を1つ紹介します。

 

サラリーマンというと日常的にお酒を飲む機会が多くなりますが、
そんな時に摂取したい食材です。

 

それが「トマト

 

生のトマトでなくてもよくて、
熱加工してあるトマトでも効果を発揮するんですね。

 

斉藤祥太・斉藤慶太兄弟が世界一受けたい授業の中で実験に参加し、
祥太:日本酒200mlとトマトを一緒に嗜む
慶太:日本酒200mlのみを飲む
という内容の実験でした。

 

すると、祥太さんの方は顔色に変化が表れなかったものの、
慶太さんは10分後には顔が真っ赤になっていました。

 

そして、その後のアルコール分解の経過を見ていくと、
祥太さんは4時間後には完全にアルコールの分解が完了しました。

 

飲み会の場ではトマトが欠かせない存在になりそうですね。

 

加工してあっても効果が得られるので、
「レッドアイ」などトマトジュースが使われているカクテルもオススメ^^

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>