筋トレにはプロテインが必要不可欠!正しい量や飲み方は?

know034

いくら筋トレに励んでも筋肉の材料が不足してしまっては、
筋肥大の効果を得ることが出来なくなってしまいます、
さて、こうならないためにはどうすればいいでしょう?

matome-

 

タンパク質の重要性

休養日に筋肥大を起こさせるほど強度で筋トレに取り組めば、
筋繊維は損傷を受けることになります。

 

その修復には筋肉の主原料であるタンパク質が必要不可欠。

tanpakushitsu

 

筋トレを行う人のタンパク質の必要量は、
普通に生活している人の必要量よりも多くなります。

 

目安は体重(kg)の2倍のg数。

 

例えばあなたの体重が70㎏だとしたら、
筋トレ時に必要なタンパク質は140gになります。

 

たった140gと思うかもしれませんが、
単純に肉を140g食べればいいというわけではありません。

 

どんなにタンパク質が豊富な食品でも、
タンパク質の含有量はせいぜい20%程度。

 

ということは、肉で140gのタンパク質を摂取するとなると、
600gもの量が必要になってきます。

320x320_rect_13939808

 

これを毎日食べ続けるとなるとコスト面でも負担になりますし、
バランスに気を遣わなければ脂肪摂取過多になりかねません。

 

 

プロテインを有効活用

ここで有効活用したいのがプロテインです。

プロテインの90%近くはタンパク質なので、
余分な成分を摂取せずに筋肉の材料だけを効率よく補給出来ます。

 

そして、もう1つ取り入れたいのがアミノ酸

 

アミノ酸も筋肉の材料になるのですが、
吸収速度はバツグンに早く非常に効果的です。

 

使い分けについてはこちらで紹介していくのですが、
プロテインは筋トレの約2〜3時間前に摂取しましょう。

 

筋トレ後にタンパク質をはじめ、
筋タンパクの合成に必要な栄養素が血液中にたっぷり流れていれば、
筋トレ直後から合成が始まります。

 

そのため、筋トレ直後にはアミノ酸を摂取するのがオススメ。

 

特に重要なアミノ酸がBCAAというものなのですが、
トレーニングに必須のBCAAはこちらで紹介しています。

 

 

プロテインは吸収に少し時間がかかるので、
そのタイムラグを考慮して2〜3時間前に摂取するんですね。

20110630

 

また、人の体は睡眠中に成長ホルモンを分泌して、
体の修復を行います。

 

この時もまた、血液中にアミノ酸の状態で、
筋タンパクの材料が十分に流れていることが大切。

 

そのため、食事のバランスに少し不安があるのであれば、
ゆっくり吸収されるタイプのプロテイン(カゼインプロテイン)を、
就寝前に飲んでおくといいです。

 

睡眠を妨げないように、
正しい使用量を守りましょう!

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>