腸内環境改善にはプロバイオティクスサプリメント!効果は?

graph_010

「腸」は2番目の脳と言われるほどの情報伝達システムを備え、
免疫システムにも深く関わっているのだそう。
つまり、腸内環境の善し悪しが健康状態に大きく影響するということ。

matome-

 

情報デンタスシステムを担うもの・・・

腸内の環境によって伝達される情報が異なってくるのですが、
その情報源となるのは腸内細菌

 

腸内細菌と細胞の代謝物が腸の壁を通して情報を伝達し、
脳や心臓、肝臓、すい臓の病気に関与することがわかっています。

 

ちなみに、腸内細胞というのは主に大腸に存在する最近のことで、
その数はおよそ100種類にして100兆個以上。

 

これらの最近は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に大別されます。

graph_010

 

健康な人の腸内環境は善玉菌が優位、
肥満気味の人は反対に悪玉菌が優位で、
日和見菌というのは優位な方に加勢するという特徴を持っています。

 

脂っこい食事を長期間続けていくと善玉菌が減り悪玉菌が増えていくのですが、
この際に増える悪玉菌の中に「グラム陰性菌」というものがあります。

 

これが実に厄介に悪玉菌で、
このグラム陰性菌が腸内で活動を停止すると毒性のある物質を排出します。

 

その毒性物質が腸の壁に傷をつけ徐々に隙間になっていき、
そこから血液中に浸透していき全身にバラ撒かれることに。

 

この毒性物質が脂肪細胞に取り込まれると炎症を引き起こしてしまい、
それが続くことで糖質を取り込むインスリンの効果が効きにくくなってしまいます。

 

そんなの関係ないとばかりにすい臓はインスリンを分泌し続けますが、
効果が薄いわけですから徐々にすい臓にも疲れが溜まっていきます。

 

疲れが溜まっていくとすい臓の機能が低下していってしまい、
最終的には糖尿病を発症してしまうということになります。

 

こうならないためにはどうすればいいのかというと、
プロバイオティクスを摂ること。

 

 

プロバイオティクスとは腸内の善玉菌を増やし免疫力を高める効果があり、
代表的なのはビフィズス菌や乳酸菌など。

 

ただ、ここで注意して欲しいことが1点。

 

それは、プロバイオティクスは毎日摂取することが大切ということ。

 

食事など外から体内に取り入れた菌というのはなかなか腸に馴染まず、
その効果が出るまでには1ヶ月はかかると言われています。

 

毎日かかさず摂取するためにも手軽なサプリメントがオススメです。

 

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>