食事&筋トレでお腹を凹ませ痩せる4種類のコースプログラム!

pic

それでは今回の記事からは週3回プログラムの詳細に入っていきます。
誰でも気軽に取り組める内容なので、
気軽に読み進めていって欲しいと思います。

matome-

 

週3回プログラムとは

週3回プログラムの基本単位は2週間に設定されていて、
この2週間の間にメニュー1〜6をこなしていく形になります。

L3224220000617121

 

ちなみに、一通りのメニューの流れを実践して、
見事お腹を凹ませることに成功したら、
今度はそれを維持していくためのトレーニングに切り替えます。

 

そのトレーニングなどについてはこちらで紹介しているので、
おいおい読み進めていくことにしましょう。

 

それでは、ここからは4種類のコースと、
メニューの構成を見ていきます。

 

BMI22以下:即引き締めコース

BMI22以下のあなたはお腹を凹ませると言っても、
体脂肪がそれほど多いわけではないので、
メニュー1〜6までをこなすとすぐに効果を実感できそうです。

 

その後、上記で紹介しているトレーニングに移行すれば、
最短1ヶ月程度で夏仕様のスタイルが手に入ります。

 

もちろん、トレーニングを続けていくことで、
末永くそのスタイルを維持することも可能です。

【プログラム計画】

1週目:メニュー1〜3
2週目:メニュー4〜6
3週目以降:トレーニング

 

 

BMI23〜24:下準備が必要コース

BMI23〜24のあなたは、
週3回プログラムのメニュー1〜6の流れを2週させてから、
次のトレーニングへと取りかかりましょう。

 

メニューを実践して効果が現れ、
次のトレーニングへと移行出来そうであれば移行していきます。

 

個人差があるので一概には言えませんが、
1ヶ月半程度で効果を実感することも出来ます。

 

【プログラム計画】

1週目:メニュー1〜3
2週目:メニュー4〜6
3週目:メニュー1〜3
4週目:メニュー4〜6
5週目以降:トレーニング

 

 

BMI25〜28:急がずじっくりコース

BMIが25〜28のあなたは、
週3回プログラムのメニュー1〜6の流れを3周させてから、
次のトレーニングへと移行していきます。

 

焦らずコツコツと継続していくことで必ず成果は現れるので、
のんびりと週3回プログラムを実践していきましょう。

 

目安の期間は2ヶ月〜程度となっています。

 

【プログラム計画】

1週目:メニュー1〜3
2週目:メニュー4〜6
〜6週目まで往復
7週目以降:トレーニング

 

 

BMI29以上:運動・ダイエットのことからコース

BMIが29以上のあなたは、
週3回プログラムを実践する前にまずはこちらの記事を読んでみてください。

 

プログラムに取り組んでいく上でのお助けコラムなので、
やる気を維持するためには非常に役立つことでしょう。

 

 

【プログラム計画】

1週目:お助けコラムを読む
2週目:メニュー1〜3
3週目:メニュー4〜6
〜メニュー1〜6を7週目まで往復
8週目以降:トレーニング

 

あなたのコースがわかったら、
いよいよプログラムの実践に入っていくので、
各メニューの内容を以下から確認していきましょう!

 

1:レコーディング×ウォーキング×腹筋

2:朝食改善×階段を意識×多方面腹筋

3:ヘルシーな昼食×ランニング×ツイスト腹筋

4:夜だけ糖質制限×延長ランニング×体幹

5:プチ断食×80段階段上り×サーキット

6:オイルコントロール×30分間走×コアトレ

番外編:週3回プログラムを始める前に

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>