夏場のランニングは熱中症に要注意!この時期の対策予防方法は?

20121128235427_50b625a3544a6

梅雨が過ぎると訪れる夏本番。
熱さがもたらす弊害が多くある季節ですが、
今回は「熱中症」にフォーカスを当てていきます。

matome-

 

熱中症の症状とは?

熱中症の症状は1〜3度という区分がされており、
これは症状の重さによって区別されています。

 

1度(熱失神、現場での応急処置で対応できる軽症)
めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量発汗

 

2度(熱疲労・病院搬送が必要な中等症)
頭痛、吐き気・嘔吐、倦怠感、虚脱感

 

3度(熱射病、入院して集中治療が必要な重症)
意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温

 

熱中症を発症してしまう原因としては、
何よりも夏場の暑さが影響してきます。

 

暑いということはそれだけ汗をかきやすいわけですし、
汗をかくということは体内の水分や塩分が失われるということです。

4501746496_06f56746ae

また、暑さ以外に影響してくるのが湿度の高さ

 

湿度が高いとかいた汗がなかなか蒸発してくれず、
体内に熱がこもった状態が続いてしまうということになります。

 

これらの要因が絡まり合うことで熱中症が引き起こるというわけです。

 

 

熱中症予防のポイントは・・・

熱中症を予防するためのポイントとしては、
やはりこまめな水分補給が一番大切です。

 

こまめな水分補給と一言で表現しても、
飲料物であったり飲むタイミングというものも重要になってきます。

 

まずは飲料物についてですが、甘いジュースや炭酸飲料はNGです。

 

というのも、甘い飲み物を飲むと一気に血糖値が上昇してしまい、
倦怠感などの体調不良を引き起こしかねません。

 

しかも、血糖値が上がると喉が渇きやすくなってしまうので、
結果的には悪循環に陥ってしまうんですね。

 

なので、夏場にのむ飲料物はミネラルウォーターやお茶など、
糖質がなるべく含まれていないものを飲むようにしましょう。

20121128235427_50b625a3544a6

 

次に、水分を取るタイミングについてです。

 

日常生活の中で水分を取るタイミングの多くは、
ある程度喉の渇きを感じてからという時が多いと思います。

 

ですが、このタイミングは既に水分が不足している状態なので、
もっと速いタイミングで飲む必要があります。

 

特に、外での運動中(ランニングやウォーキング)の時は注意が必要なので、
30分に1回程度はコップ1杯程度の水を飲むようにしましょう。

 

 

夏場の運動での熱中症を防ぐために

運動すること自体は季節に関係なく実践出来ますが、
季節に応じて工夫や注意の方法が異なってきます。

 

夏場の運動というのは1年の中でも一番体に負荷がかかってしまうので、
いつも異常に注意して実践していきましょう。

 

運動中に熱中症を発症しないために大切なポイントは、
以下の3つになります。

1:なるべく涼しい時間に行う(早朝、夜)
2:こまめな水分補給
3:無理をしない

 

この3つのポイントを守って引き続き運動を実践していて、
暑さに負けずに夏場を乗り切っていきましょう!

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>