筋トレで高い効果を得るためにはインターバルを!適切な時間は?

interval01

筋トレのメニューとメニューの間に設けるインターバル。
中にはこのインターバルを設けず休みなく続けている人もいるかもしれませんが、
これは必ず設けるべき休憩時間です。

matome-

 

インターバルの最適な時間は?

目的別のセット数を把握したところで、
次はインターバルについて紹介していきます。

 

インターバルとはセット間に挟む休憩のことで、
この時間にもかなり重要な意味があります。

 

ただ筋トレを行うだけがトレーニングなのではなく、
適切にインターバルを設けることもトレーニングの1つなのです。

interval01

 

 

例えば、最大筋力や筋パワーの向上を狙っている場合は、
インターバルの目安は2〜5分になります。

 

なぜこのような時間なのかというと、
筋肉をしっかりと一休みさせて、
1回1回で最大の力を発揮させるためです。

 

 

目的が筋肥大という倍にはインターバルの時間が変わってきます。

 

筋肥大の場合のインターバルは30〜90秒という短い時間なのですが、
筋肉を大きくさせるためのポイントは疲れさせることだからです。

 

インターバルを短くすればそれだけ筋肉に疲労が溜まりやすく、
微細な傷がつきやすくなります。

 

さらには科学的な疲労というものも起こってきます。

B6DAC8E8CFAB

 

筋肉は収縮することで力を発揮しますが、
この時筋肉内ではさまざまな化学変化が起きています。

 

そして、その時の代謝で発生する水素イオンなどの物質が、
筋肉の疲労を誘発させるんですね。

 

インターバルを短くすると、
この疲労物質が残ったまま次のセットへと移行出来ます。

 

また、筋肉が疲労してくると、
成長ホルモンの分泌も盛んになります。

 

疲労物質を成長ホルモンにより、
筋肥大の効果がより高くなってくるんです、

 

 

一番短いインターバルで行うトレーニングが、
筋持久力を目的としたトレーニングです。

 

長時間継続して筋肉を働かせることが目的なので、
当然インターバルの時間も短くなってきます。

 

その目安は30秒です。

 

それならいっその事インターバルなんて必要ないんじゃ?
と思うかもしれませんが、
これはトレーニングにおいては逆効果なので注意。

 

息をある程度整えるためにも必要な時間なので、
適切なインターバルの時間を意識して筋トレに取り組みましょう。

 

【インターバル時間のまとめ】

最大筋力:2〜5分

1回の最大努力:2〜5分

複数回の最大努力:2〜5分

筋肥大:30〜90秒

筋持久力:30秒

 

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>