簡単に体幹を鍛えるトレーニングメニュー!1回20秒の方法とは?

0703090201

仕事が忙しくてなかなかトレーニングの時間が割けない・・・
そんな悩みを持っているあなたでも、
1回20秒から実践することの出来るトレーニングがあります。

matome-

 

サラリーマン向けお腹凹ませプログラム

今回紹介する1回20秒で実践出来るプログラムは、
東京大学大学院の教授:石井直方氏が考案したメニューになります。

 

オフィスで出来るものから通勤中に取り組めるものなど、
場面に適した超簡単トレーニングを紹介していきます。

 

 

最速最短でお腹を凹ませる

お腹を凹ませるトレーニングやダイエットと聞くと、
厳しい食事制限だったりハードなトレーニングを思い浮かべてしまいがちですが、
それでは最速最短で結果を出すことが出来ません。

指でバツを出す女性

あなたのキャパシティを超えたトレーニングをしてしまっては
体を痛める原因になりかねませんし、
極端は食事制限はゆくゆくリバウンドの原因にもなってしまいます。

 

つまり、最速最短=ハードなメニューということではなく、
体に負担をかけずに長続きさせるということが結果につながります。

 

 

そのためのポイントは

ダイエットでも筋トレでも始める前に知っておきたいのが、
体幹に関する知識になります。

 

体幹は胴体全体の筋肉の総称になるのですが、
その中でも肋骨から下の筋肉に注目。

 

お腹の真ん中を縦に走る腹直筋、
その左右を斜めに走っている外腹斜筋と内腹斜筋。

 

そして、その下に腹巻のようにぐるぐると巻き付いている腹横筋と、
腰椎と大腿筋を繋いでいる大腰筋。

 

これらの筋肉によって内蔵を守ったり体幹を支えたりしているのですが、
この筋肉を日常生活の中で意識して使うことが出来れば、
お腹周りをスッキリ引き締めることが出来ます。

pic

つまり、お腹周りに脂肪がついてしまうということは、
普段から体を動かしていない・体幹を意識して行動していない
ということになります。

 

では、具体的に日常生活の中ではどのような行動を行えばいいのか、
超簡単1回20秒トレーニングとはどのようなものなのかを以下から見ていきます。

 

 

「ドローイン」というノウハウ

そもそもドローインというのは腰痛など腰回りに問題がある人に対して、
理学療法の現場で行われている運動療法がもとになっています。

 

体幹の中でも特に腹横筋はお腹を引き締めて腹圧を上げることで、
体幹を固定する役割を果たす重要な筋肉になっています。

 

では実際にドローインを実践する際に
注意すべき点はあるのでしょうか?

 

筋トレにしろダイエットにしろ正しい方法で行なってこそ効果が得られるので、
このドローインも正しい姿勢で行うということがまず第一になります。

 

背筋をピンッと伸ばして真っ直ぐに立ち、
そこから息を止めずにお腹を思い切り凹ませた状態をキープするだけです。

 

この時意識するべき4つのポイントがあって、

1:背筋を真っ直ぐのばす
2:お尻に力を入れる
3:肩甲骨を後ろに引く
4:へそを中心に凹ませるイメージ

この4つになります。

 

太ったお腹を凹ませるにはそれをイメージした動作をするという、
なんともダイレクトでわかりやすいトレーニングですよね。

 

このドローインをまずは日常的に行うようにしてき、
徐々に生活の中でのちょっとした体幹トレーニングに
取り組んでいくようにしましょう!

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>