汗腺トレーニングで汗かきダイエット効果アップ!入浴編(1)

Bathing

ダイエットで成功するためには、
食事、筋トレ、有酸素運動の3つが主な柱になりますが、
その他にも日常生活で意識すべき生活習慣があります。

matome-

 

その生活習慣とは

意識すべき生活習慣には「2つ」の習慣があり、
それは「入浴」と「睡眠」です。

 

入浴も睡眠も我々が過ごす日常の中では切り離せない習慣ですし、
これらの質を高くすることでよりダイエット効果を得ることが出来ます。

 

 

ダイエット効果を高める「入浴」のポイント

人間には約360万個の汗腺(汗を出す神経)があるのですが、
実際に働いているのはその半分くらいしかないんです。

 

ということは、働いていない半分の汗腺を活性化させることが出来れば、
滞っているエネルギーの流れを解消することが出来るということです。

 

そのためには汗腺の働きを鍛える、
汗腺トレーニング」を行なっていきましょう。

 

 

汗腺トレーニングとは?

働いていない汗腺を活性化させることでよりエネルギーの流れを多くし、
ダイエット効果を高めようという、この汗腺トレーニング。

 

では、どうすれば働いていない汗腺を活性化出来るのか?ということ。

 

答えは簡単、お風呂に浸かって汗をかくこと。

Bathing

 

入浴というのは生活習慣の一部ですから、
特に無理して時間を割くことなく毎日継続出来ます。

 

とはいえ、ここで勘違いしてほしくない点が1つ。

 

汗をかくことが直接ダイエットに繋がるということではないんです。

 

日常生活の場面場面を振り返ってみると、
運動して汗をかいた後やサウナで汗をかいた後なんかは、
その直後は体重が目に見えて落ちているように感じます。

 

ですが、これは体内の水分が汗になって排出されただけであって、
体脂肪が落ちたというわけではないんです。

 

なので、汗をかいたからといってビールを飲んだりすると、
すぐに汗をかく前の体重に戻ります。

 

 

汗をかいて痩せないのなら意味無いじゃんと思うかもしれませんが、
汗をかくことは大きなメリットがあるんです。

 

汗をかくことは老廃物を処理することにも繋がりますし、
汗をかかないということは代謝が低いということになります。

 

つまり、汗をかく=代謝がいいというのはあながち間違いではないということ。

 

汗腺を活性化させて汗をかきやすい体質を作ることで、
体脂肪の燃焼効率が向上し、
蓄積された脂肪が減りやすい体質が出来上がります。

 

また、その結果食べても太りにくい体にもなるんですね。

 

このようなお得な体質を作るために、
正しい入浴方法をこちらから見ていきましょう。

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>