ダイエットに効果的なサプリメント8選!危険性は?

photo

不規則な生活習慣が続くとそれに伴い食事のバランスも崩れてきます。
そこで、効果を発揮するのが「サプリメント」
ということで、今回はオススメサプリを紹介していきます。

matome-

 

日本人がサプリで摂りたい「8」の栄養素

1:マルチビタミン

ビタミンは全部で13種類ありますが、
どれが足りていて、どれが足りていないかを確認するのは至難の業。

 

そこで効果的なのがマルチビタミンを摂取出来るサプリメント。

 

野菜や果物が不足している場合は
特に摂取したいサプリメントの1つです。

参考記事→マルチビタミンサプリメントって効果あるの?オススメを紹介!

 

2:ビタミンC&E

老化やガンの引き金になる活性酵素による酸化ストレス、
これらを減らす抗酸化作用を持つのがビタミンC&E。

 

ビタミンCはタンパク質合成位に関わり、
ビタミンEは末梢の結構を改善します。

 

お互いが助けあって効果を発揮するので一緒に摂取しましょう。

参考記事→ビタミンC&Eはサプリメントで効果的に摂取しよう! 

 

3:コエンザイムQ10

体内のエネルギーの約95%は細胞内のミトコンドリアで作られます。

 

その時に欠かせないのがコエンザイムQ10。

 

抗酸化力も強いという特徴がありますが、
加齢に伴いこれが不足するとアネルギーも減っていき活力が低下します。

参考記事→コエンザイムQ10は食事よりもサプリメントで取る方がオススメ!

 

4:プロバイオティクス

プロバイオティクスとは体にいい影響を与える微生物(善玉菌)の総称。

 

乳酸菌や納豆菌が代表的ですが、
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると腸内環境が悪化します。

 

善玉菌で腸内環境を整えると免疫力もアップし、
ダイエット効果も高まります。

参考記事→腸内環境改善にはプロバイオティクスサプリメント!効果は? 

 

5:ビタミンB群

ビタミンB群には8つの種類があり、
8種類全てがエネルギー代謝に関わっています。

 

ビタミンB群は互いに補いあって働くので、
サプリメントで8種類すべてを補うのが理想。

 

水溶性で摂り貯めておくことが出来ないので、
毎日こまめに摂取することがポイントになります。

参考記事→ビタミンB群を多く含む食材は?サプリメントで効果的に摂取! 

 

6:カルシウム&鉄

カルシウムの99%は骨と歯を作り、
残りは筋肉や神経の機能を司ります。

 

これだけ大事な栄養素であるにも関わらず、
摂取量が不足している人が多いんですね。

 

また、鉄は血液中で酸素を運ぶ赤血球を構成します。

 

鉄が不足すると欠乏による貧血を招くことも。

参考記事→不足しがちなカルシウム・鉄はサプリメントで効率的に摂取! 

 

7:DHA・EPA

食品などの油に含まれているDHAとEPAは、
オメガ3脂肪酸に分類されます。

オメガ3脂肪酸についてはコチラ参照

 

オメガ3脂肪酸の摂取量が少ないと体内で慢性的な炎症が発生してしまい、
生活習慣病に陥りやすいので注意が必要です。

参考記事→DHA EPE 効率的に摂取するためのおすすめサプリメント 

 

8:レスベラトロール

赤ワインに由来するポリフェノールの一種で、
抗酸化作用に優れている栄養素。

 

抗酸化作用意外にもアンチエイジングに役立つと言われていて、
赤ワインが飲めなくてもサプリメントで手軽に摂取出来ます。

参考記事→レスベラトロールの効果と副作用って?サプリメントで効率的に!

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>