筋トレの原理「超回復」の期間は嘘なの?メカニズムと原理など!

photo

筋トレは毎日行なってこそ効果が得られるとか、
好きな時間に自由にやればいいなどと言われていますが、
筋肉は48〜72時間かけて大きくなるという原理があります。

matome-

 

「超回復」というキーワード

筋肉は筋トレで使われるとそれまでよりも強く作り替えられます。

 

この原理を超回復というのですが、
以下のような生理的適応によって起こると考えられています。

photo

まず、トレーニングによって大きな負荷がかかると、
それにより筋肉に微細な傷が出来ます。

 

それを修復しようとする際、
同じ負荷がかかった時に再び傷がつかないように、
筋肉が肥大するんですね。

 

 

では、この筋肥大はどのくらいの時間をかけて行われるのでしょうか?

 

実は、筋肉はゆっくりと時間をかけて大きくなり、
その時間が過ぎると今度は逆に分解されて、
元の状態に戻っていってしまいます。

 

つまり、しっかりと大きくなって、
分解される直前のタイミングでトレーニングを再開するのがベストということ。

shashingazou3

大きくなりかけているうちに筋トレを行なってしまうと、
筋肉の傷が一方的に増えるばかりですし、

元の状態に戻ってから行なってしまうと、
いつまで経っても効果が上がりません。

 

で、超回復にかかる時間についてですが、
48〜72時間であると言われています。

 

つまり、2〜3日間隔で筋トレを行なっていくといいということですね。

 

24時間の差が開いているのはトレーニング強度の差です。

 

大きい負荷で行えば疲労も大きく回復まで時間がかかりますが、
小さい強度であればそれほどかからないということです。

 

そのため、筋トレは2〜3日の間を空けて、
週に2〜3回行うのがベスト。

 

このルールを守ることによって効率的に筋肉を鍛えていくことが出来ます。

 

週2〜3回の筋トレを行うことが出来なくても、
1回行うだけでも効果は出てきます。

 

筋肥大の効果こそ高くないものの、
現状維持するためには効果的です。

gum02_ph02007-s

また、超回復という原理は嘘であり、
毎日トレーニングを行なってもいいという見解を述べる人もいます。

 

年々科学は進歩しているわけですから
超回復の原理を全て鵜呑みには出来ないのが現状。

 

山懸カイロ院長の右肩上がりブログというHPにも記載されているのですが、
人間の体の作りは個体差がありますよね。

 

ですのせ、超回復の原理が誰しもに当てはまるわけではないとのこと。

 

体操選手は毎日のように激しいトレーニングをしていても体格を維持していますし、
ボディビルダーは超回復の原理にのっとってトレーニングをしています。

 

そのため、超回復についてはさまざまな見解が述べられているのですが、
体を痛めないためにも毎日のトレーニングは避けるべきでしょうね。

 

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>