コレステロールはダイエットに無関係?食事量を減らす必要はない?

kasetsu01_R

コレステロールと聞くと体に悪そうなイメージがありますが、
実は体にとってコレステロールは欠かすことの出来ないものなんだとか。
ということで、今回はその真相に迫っていきます。

matome-

 

 

コレステロール=悪玉説はウソ?

脂肪の中でもとかく悪いイメージのあるコレステロールですが、
コレステロールが欠乏すると体に様々な悪影響が出るそうです。

120722

そもそもコレステロールとは何者なのかというと、
動物が合成する化合物であり、
人間の体内では細胞膜や神経細胞の材料となり、
ホルモンやビタミンDの原料にもなるなどの役割を担っています。

 

かなり重要な役割を担っている物質で、
肉類などから取り入れる量の約4倍ほどの量が、
コレステロール代謝である肝臓で合成されています。

 

 

で、コレステロール=悪者というイメージがつくようになったのは、
動脈硬化を起こした血管からコレステロールが発見されたからです。

kasetsu01_R

このことがキッカケで動脈硬化の原因が、
コレステロールという仮説が立てられました。

 

ですが、動脈硬化の本当の原因というのは、
高血糖やトランス脂肪酸などが引き金で起こる炎症です。

 

炎症を起こした血管の細胞を修復するために、
細胞膜の材料となるコレステロールが集まってきます。

 

つまり、血管にコレステロールが蓄積するのは、
動脈硬化の原因ではなく結果だったということです。

 

 

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

コレステロールというと悪玉と善玉コレステロールの存在を聞きます。

442338565

油性のコレステロールは血液に馴染みにくいため、
水に馴染みやすいアポリポタンパク質で包まれた後、
肝臓から全身の組織へと分配されます。

 

これがLDLコレステロール

 

内部にたっぷりとコレステロールを含み、
大型でありながらも比重が軽いんです。

 

そして、組織で使われなかったコレステロールは、
別のアポリポタンパク質で包まれた肝臓に戻ります。

 

こちらがHDLコレステロール

 

LDLコレステロールに比べて中身のコレステロールが少なく、
小型で比重が重たいという特徴があります。

 

コレステロール=悪い物質という観点から見ると、
LDLコレステロールが悪玉、
HDLコレステロールが善玉というようになります。

 

ですが、上述したようにコレステロールそのものが悪玉ではないので、
LDLもHDLも善玉ということになるんですよね。

 

コレステロールの代謝は肝臓が抑制しているので、
食事からの摂取量が増えたとしても体内のコレステロール値は上昇しません。

 

良質なタンパク質の供給源である肉類や卵には、
コレステロールが多く含まれていますが、
健康な人はコレステロールを危険視する必要はないんですね。

細マッチョを目指すならこちらの記事は必見です↓
週2〜3日のお手軽トレーニングで
確実に細マッチョ体型を手に入れる方法
スリムなスーツを着こなしてワンランク上の男に!
細マッチョトレーニングプログラム〜最初に読む5つのコツ〜

Tシャツの裏からチラリと見える6つに割れた腹筋
男と言えばシックスパック!
女性からスゴーイ!と言われるシックスパックを手に入れる

唐揚げと焼き鳥、そしてビールの組み合わせって最高!
そんなゆるゆるの食生活でもダイエットが出来てしまう?
お手軽ストレスフリー食事法

毎日21時過ぎまでの残業は当たり前、
ジムに通うヒマがあるなら寝ていたいけど・・・それでも痩せたい!
なら、普段の生活にちょっとしたアクセントを加えてみましょう。
仕事中に出来る簡単トレーニング
管理人オススメ!トレーニングDVD実力ランキング
matome-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>